脳のゲーム

on
Share:

3月に、人工知能(AI)が新しい金字塔を打ち立てた。Google のAI、Alpha Go が韓国の碁の名人を、5ゲーム中4ゲームで打ち負かしたのである。碁は、人間によって編み出された最も古く、また複雑なboard game であり、それはチェスよりもはるかに複雑である。

Brain Game

コンピューターの成功への鍵は、ヒトの脳の神経回路網と学習スタイルの模倣に有った。Alpha GO は、実際に人間の碁の戦略を学び、練習によってより良くプレイするためにはどうしたらよいかを習得した。その練習に至っては、実に100 万回に及んだ。この“ 強化学習” によって、成功した場合の戦略とそれに関連のある擬似ニューロン間のつながりを強固にする。それは、あたかも、ピアノの練習によって、ヒトの脳の中で、関連したニューロン同士のつながりが強固になるのと同様である。

私たちが創造主のデザインをより上手くコピーできるようになった時、サイエンスフィクション(SF)で警告された事柄が、現実的な危惧となる。人工知能は、さらに人間と競合するようになるだろうか?私たちは、スター・トレックの士官のデータ1からは遠い道のりにある。そして、たとえもし、いつの日かコンピューターが自分で歩き、また話すようになったとしても、神の形を複製することはできない。賢いことだけが、人間性ではないのである。

Footnotes

  1. 「新スタートレック」に登場するアンドロイド。記憶容量が800×10^15bi(t =100PB)であり、情報処理伝達能力が1 秒間に60 兆回である。惑星連邦軍の階級の中で人間と同じように職務に従事している。個人的悪意を向けられたからといって人類を抹殺するという結論に至ることはない。この点において、「ターミネーター」シリーズに登場するスカイネットなどとは一線を画す。

Help Translate

Please help us provide more material in Japanese.

Help Translate

Visit our English website.